サムシングエルス

サイトマップ

携帯TOP

パンタナール

沙漠

ボルネオ

flower

モノクローム

ニューオーリンズ

シンビジウム

野に遺賢在り
久保雅督

パンタナール
沙漠 オリオンとパオ
ボルネオ
moon
flower ROSE
monochrome
ニューオリンズ
佐々木正芳氏のシンビジウム
縞太二
野に遺賢在り

写真:久保雅督(c)

サムシングエルスの
仕事

おもいつくまま健康
WORD

パーソナル

知らずに日常使っている仏教のことば&photo

神楽坂さつきさんに聞く「魅力的な着もの姿の演出」

SOMETHING ELSE's room

コラム

写真日記

カメラを愉しむ

書籍

新聞

おきにいりのフレーズ

おもしろいもの
みつけた

link

 アンケート

QRコード
1. 人に見てもらうことが楽しみ

 デジタルカメラが普及して、誰でも写真が楽に撮れるようになってきた。携帯電話の写メ、ブログ、そして軽くて、安価な割りに高性能なカメラが手に入れられるようになったことも影響しているようだ。
 プログラムモードでシャッターを押せばとりあえず写真は写るし、気に入らなければ、フィルムと違って、その場で消去すれば良い。コンピュータが扱えれば、色調の補正やコントラストの調整なども自在に調整できる。
 現像の上がりを取りに行くときのドキドキ感は減ったが、加工する楽しみやプリンターを使ってポストカードなどにして人に見せる楽しみなど・・・1回の撮影でいくつもの愉しみが手軽に味わえるのである。高齢であっても、自分のペースで楽しめて、歩くことにもつながると散歩の友にカメラを持ち歩く人も増えた。
 事務所の近くにある新宿御苑は、四季の移ろいを写真に収めようと、カメラを持った人が多く集まってくる。なかには、相当、高価なカメラを大事そうに抱えている人もいる。
 御苑に沿っている旧甲州街道にはお洒落なレストイランやカフェテラスなどが年々増えて、人気スポットになっている。
 写真を展示するギャラリーなどもできて、大木戸門から新宿門までの約1キロの道路を称して「写真ロード」というそうだが、撮った写真を人に見せるなど、写真人気がますます高まっているようである。
contents 次
カメラを愉しむ
法令に基づく場合などを除いて、個人情報をご本人の同意を得ることなく第三者に提供したり、開示したりすることは致しません。
写真・文章等の無断複製、転載、転用はご遠慮願います。

copyright(c) SOMETHING ELSE Co.,Ltd. 2012 all right reserved  since2006