サムシングエルス

サイトマップ

携帯TOP

パンタナール

沙漠

ボルネオ

flower

モノクローム

ニューオーリンズ

シンビジウム

野に遺賢在り
久保雅督

パンタナール
沙漠 オリオンとパオ
ボルネオ
moon
flower ROSE
monochrome
ニューオリンズ
佐々木正芳氏のシンビジウム
縞太二
野に遺賢在り

写真:久保雅督(c)

サムシングエルスの
仕事

おもいつくまま健康
WORD

パーソナル

知らずに日常使っている仏教のことば&photo

神楽坂さつきさんに聞く「魅力的な着もの姿の演出」

SOMETHING ELSE's room

コラム

写真日記

カメラを愉しむ

書籍

新聞

おきにいりのフレーズ

おもしろいもの
みつけた

link

 アンケート

QRコード

足利学校・あしかがフラワーパーク -栃木県足利市-


きばな藤
きばな藤
(あしかがフラワーパーク)

白藤
白藤
(あしかがフラワーパーク)




[あしかがフラワーパーク]

足利学校の近隣にある。
1年を8つの花の季節に分けている。

見頃の花
1月中旬〜2月下旬 
 福寿草・クリスマスローズ・冬咲きクレマチス
3月上旬〜4月中旬 
 チューリップ・クロッカス・雪柳 
4月中旬〜5月中旬 
 藤・ツツジ・ボタン
5月中旬〜6月上旬 
 バラ・シャクナゲ・クレマチス
6月上旬〜7月上旬 
 花菖蒲・あじさい・遅咲きクレマチス
7月上旬〜9月下旬 
 熱帯性スイレン・和スイレン・古代蓮
10月上旬〜11月下旬 
 アメジストセージ・ランタナ・熱帯性スイレン
11月中旬〜12月末はイルミネーション

参考:
http://www.ashikaga.co.jp/index2.html

[足利学校]

下野国足利荘五箇郷村(現 栃木県足利市)にある足利学校は、日本最古の最高学府(総合大学)といわれている。
儒学、易学を中心に、
国学、漢学、兵学、医学、天文学、仏学など幅広く教えられていた。実学中心のため、戦国時代には、足利学校の出身者が武将に仕えることも多かった。
江戸時代には、年の初めに吉凶を占った
年筮(ねんぜい)を提出し、所領を賜った。

その後、
朱子学が官学となったことや、平和な時代が続いたために易学や兵学などが不要となり、次第に、貴重な書物を所蔵するだけの場所へと変わっていく。

寛文8年(1668年)に創建された「学校門」は、現在に至るまで、学校のシンボルとなっている。

足利学校の創建については、様々な説がある。

■明治時代に川上廣樹氏が唱えた、奈良時代に創られた下野国の国学という説。都賀郡(現 栃木市)の
国府から足利将軍のゆかりの地、足利に移設されたとするもの。
■前澤輝政氏は、古地図にある地名などから、8世紀頃、
下毛野国(後の下野国)の国府(現 足利市伊勢南町のあたりにあった)に併設された国学だとしている。
「鎌倉大草紙」の記述より、平安時代初期(9世紀頃)に、小野篁(おののたかむら)が創ったとする説。
■「高野春秋偏年輯」巻七(1719年)に、鎌倉時代(12世紀末)に、
足利義兼が、寺と学校を持っていたと書かれていることから、義兼の創建によるものとする説。

などがあるが、いまのところ、どの説も確実といえる根拠はないそうだ。
確実なのは、室町時代に
上杉憲実庠主(しょうしゅ)制度を設けるなどして、再興したということ。

1432年、関東管領として、足利荘を
上杉憲実が管理することになり、1439年、第1世庠主に鎌倉円覚寺の僧、快元が招かれる。

第7世庠主 九華(玉崗瑞與)の時代には、
後北条氏の庇護のもとに、奥羽や琉球などからも集まってきた3000人もの学生がいたとされる。武蔵国金沢学校(金沢文庫)と並び、関東の学問の中心地となっていた。

キリスト教宣教師フランシスコ・ザビエルや、ルイス・フロイスらによって足利学校は、日本国中で最も大きく有名な、板東(関東)の大学と記されたことから、海外にも名が知れ渡る。

1590年の小田原征伐で後北条氏が滅びた後、所領が奪われ、豊臣秀次の命令により書籍や什器の一部が京都に持ち出される。
第9世庠主
三要は、関東の新領主となった徳川家康の庇護を受けて足利学校を復興させるが、家康に近持して京都伏見の円光寺に赴く。
1602年に、正式に第10代庠主となった
寒松の時代には、再び盛況を迎え、足利の領主たちに保護されながらも、時代の流れとともに、寺子屋や郷学のような形に変化していく。
その後、天災などで建物が老廃し、経済的にも困窮するようになり、1868年に足利藩の藩校となる。
1871年の廃藩置県により、管理が足利県(後に栃木県に統合される)に移り、明治5年(1872年)、廃校となる。

1873年、東側の方丈(ほうじょう)のあった場所が小学校になり、他の建物は撤去される。
一時、蔵書が散逸しそうになるが、旧足利藩士の田崎早雲らにより、蔵書と孔子廟のある西側の土地が、県から地元に返還されて、免れる。

1903年、足利町は栃木県"初"の公共図書館「足利学校遺跡図書館」を設立し、足利学校の蔵書は、一般の図書とともに公開されるようになる。蔵書は、国宝、重文指定などの貴重な書物が2000冊余り。
1921年、敷地(足利市昌平町)と、孔子廟、学校門などの現存していた建物が、国の指定史跡となる。

1980年代になると小学校が移転し、一般図書のみ「県立足利図書館」に移される。
1982年より、史跡保存のための整備事業が始まり、建物と庭の復元が終わった1990年に公開され、平成2年12月に、江戸中期の図面に基づいた復元が完了する。

1994年、125年ぶりに、第24代庠主が就任した。

参考:
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/

2008.5.31

足利学校 全景
全景(足利学校)

足利学校 学校門
学校門(足利学校)

足利学校
(足利学校)

足利学校 方丈と庭園
方丈と庭園(足利学校)
法令に基づく場合などを除いて、個人情報をご本人の同意を得ることなく第三者に提供したり、開示したりすることは致しません。
写真・文章等の無断複製、転載、転用はご遠慮願います。

copyright(c) SOMETHING ELSE Co.,Ltd. 2012 all right reserved  since2006