サムシングエルス

サイトマップ

携帯TOP

パンタナール

沙漠

ボルネオ

flower

モノクローム

ニューオーリンズ

シンビジウム

野に遺賢在り
久保雅督

パンタナール
沙漠 オリオンとパオ
ボルネオ
moon
flower ROSE
monochrome
ニューオリンズ
佐々木正芳氏のシンビジウム
縞太二
野に遺賢在り

写真:久保雅督(c)

サムシングエルスの
仕事

おもいつくまま健康
WORD

パーソナル

知らずに日常使っている仏教のことば&photo

神楽坂さつきさんに聞く「魅力的な着もの姿の演出」

SOMETHING ELSE's room

コラム

写真日記

カメラを愉しむ

書籍

新聞

おきにいりのフレーズ

おもしろいもの
みつけた

link

 アンケート

QRコード

湖上」 [作者紹介]]

ポツカリ月が出ましたら、
舟を浮べて出掛けませう。
波はヒタヒタ打つでせう、
風も少しはあるでせう。

沖に出たらば暗いでせう、
櫂(かい)から滴垂(したゝ)る水の音は
昵懇(ちか)しいものに聞こえませう、
ーーあなたの言葉の杜切(とぎ)れ間を。

月は聴き耳立てるでせう、
すこしは降りても来るでせう、
われら接唇(くちづけ)する時に
月は頭上にあるでせう。

あなたはなほも、語るでせう、
よしないことや拗言(すねごと)や、
洩らさず私は聴くでせう、
ーーけれど漕ぐ手はやめないで。

ポッカリ月が出ましたら、
舟を浮べて出掛けませう、
波はヒタヒタ打つでせう、
風も少しはあるでせう。

中原中也/詩集「在りし日の歌」より

中原中也

1907年(明治40年)4月29日、山口市湯田温泉で生まれる。最初に詩をつくったのは、弟の亜郎を病気で失った(1915年)時と、後に本人が書いている。
詩人・高橋新吉の作品に影響を受けて、一時ダダイズムに傾倒。1928年、音楽団体「スルヤ」第2回発表会で、中原中也の詩「朝の歌」「臨終」に、作曲家、諸井三郎が曲をつける。1934年、初めての詩集「山羊の歌」出版。1936年11月、長男の文也を亡くし、精神が不安定になる。1937年(昭和12年)9月、2冊目の詩集「在りし日の歌」の清書を終えるが、10月22日、結核性脳膜炎がもとで急逝する。翌年、友人の小林秀雄の手で、「在りし日の歌」が出版される。
350篇以上もの詩を遺し、他にも、「ランボオ詩集」の翻訳など、フランス詩人の紹介にも務める。

戻る

法令に基づく場合などを除いて、個人情報をご本人の同意を得ることなく第三者に提供したり、開示したりすることは致しません。
写真・文章等の無断複製、転載、転用はご遠慮願います。

copyright(c) SOMETHING ELSE Co.,Ltd. 2012 all right reserved  since2006