「こどもの日」に考えた

2006.5.5

 ベランダから風に吹かれる、小さいけれど雄々しく空を泳ぐ鯉のぼりを見つけた。
 菖蒲の葉をスーパーで見かけた。
 (陰暦)5月5日は端午の節句、「こどもの日」。
 ところで、「端午」って、いったいなんだろう。
 節句はもともとは古代中国のもので、節供(せちく→せっく)ともいう。日本では江戸幕府が、5つの節句を公的な行事として取り入れて以来、今でも、1月7日の人日の節句(七草の節句)、3月3日の上巳の節句(桃の節句)、5月5日の端午の節句(菖蒲の節句)、7月7日の七夕の節句(七夕祭り)、9月9日の重陽の節句(菊の節句)として知られている。
 中国では、5月は物忌みの月とされ、厄払いの行事もたくさん行なわれていたそうだ。「端午」の「端」には、物のはしや始まりという意味があり、午は「うま」。つまり、「端午」は、5月の最初の午の日を指し、いつの頃からか、「午」の読みが「五」と同じ事から、5日になったといわれている。また、もともと日本の、田植えの前に女性だけが家に籠もって身を清め、穢れを払う風習「五月忌み」と中国の端午の節句が結びついたともいわれる。
 古代中国では、5月5日に蘭の湯に浸かり、邪気を払う薬草として菖蒲湯を飲み、穢れを祓って、健康や厄よけを行なっていた。日本に伝わったのは奈良・平安時代。貴族階級で季節の節目の穢れを祓う行事として、宮廷では邪気を祓うとされた、よもぎや菖蒲などの薬草を野で摘んできて、軒に飾ったり、臣下は冠に挿したり、悪鬼を払うため、いまでいう流鏑馬のようなことをしていた。
 鎌倉の武家社会になると菖蒲は尚武(武をたっとぶ)にあてはめられ、菖蒲の葉が「剣」を連想させるところから、武家では、家臣を集めて馬術や弓術などの競技を行ない、酒宴を催すようになった。
 室町時代には、中国の哲学思想、五行説に由来する、吹き流しの原型となったとされている魔よけの五色の幟(のぼり)が飾られ、後に、幟に鯉の絵が書かれ、やがてそれが鯉の形になる。
 江戸時代には大名や旗本が式服でお祝いの品を持って、江戸城に出仕し、武家に男の子が生まれると屋敷の塀や門に柵をつくり、幟や兜、槍などを飾ってお祝いし、やがて武者人形を飾るようになった。これが、幟を立てることが許されていなかった裕福な庶民に伝わり、幟の代わりに「鯉のぼり」を飾り、紙でつくった兜や武者人形などを飾るようになり、男の子の健康祈願や厄よけの行事としてとりおこなわれるようになっていった。
 鯉のぼりは、中国の「登竜門」の故事に由来している。中国の霊山にある、黄河の上流にあたる「登門」という滝の激流を、逆らいながら登り切った一匹の鯉が、まぶしい光を放ちながら龍となって天に昇っていったというお話である。このことから立身出世の関門のことを「登竜門」というようになる。
 元禄時代には、武者人形や勇猛な史実の人物や、疫病の守り神「鍾馗(しょうき)様」などがつくられ、室内に飾ってお祝いするようにと変化して、明治時代には政府の方針で一時廃れるが、鎧兜は命を守る象徴から、戦後になって体を護るものとして捉えられるようになり、復活する。
 ちなみに柏餅を食べるのは日本独自の風習で、柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないということから、「家系が絶えない」という意味を持っている。
 1948年、「国民の祝日に関する法律」で、「子供の人格を尊重し、幸福を望むとともに母に感謝する日」として、5月5日をこどもの日と制定した。1951年5月5日には「児童は、人として尊ばれる。児童は、社会の一員として重んぜられる。児童は、よい環境の中で育てられる。」とする児童憲章が制定される。
 最近、聞かない日がないほど、子供に関係した悲しい事件が多い。なんともいい表せない悲しい気持ちになる。子供も大人も大切な一つの命に変わりないが、子供の命は大人の行動によって影響を受けることが多いのである。
 ゴールデンウィークの一日としてしか意識しないようになっていた「こどもの日」。端午の節句の由来を知って、改めて強く思った。大人に何ができるかをもう一度、真剣に考えるきっかけになればと願いたい。 

前 頁

次 頁

バックナンバー

サイトマップ

mail

法令に基づく場合などを除いて、個人情報をご本人の同意を得ることなく第三者に提供したり、開示したりすることは致しません。

copyright(c) SOMETHING ELSE Co.,Ltd. 2012 all right reserved  since2006