人生は短く、技芸は長い

2006.5.22

「賢い・賢い」と「アホ・賢い」と「賢い・アホ」と「アホ・アホ」どれが一番賢いか? と友人がいきなり聞いてきた。
 トンチでなければ、「アホ・賢い」が答えである。
 そう答えると、手順が少し狂ったようだが、まぐれ当たりと思ったのか、すかさず「理由は?」と聞いてきた。
 残念ながら、理由も説明できるので、たぶん何かで読んだものを記憶していたのだと思う。友人は単行本で読んだらしいが、私は、雑誌か何かのエッセーだったような気がする。表現の仕方は違っていた。
 ご存じの方には余計なことだが、一応、理由を簡単に書くと、「アホ・アホ」は、場の空気をしらけさせたり、無粋なことをするので始末に負えない。「賢い・アホ」は一見、賢そうに見えて中身が伴っていないので、見かけ倒し。「賢い・賢い」は、簡単にいえば相手のコンプレックスを刺激しすぎて、時に角が立つということだろう。つまり、人生哲学としては「アホなフリして、本当は賢い」くらいが丁度いいということで、本当に賢くなければ「アホ」のフリもできないということである。
 うろ覚えだったが、そう答えると、「そうなんだよ」と友人はつまらなさそうな顔をした。
 余談だが、いつだったか、「アホ」と「バカ」、言われて傷つくのはどちらかという話になり、そこにいた関西出身者は「バカ」、それ以外は「アホ」という人が多かった。確かに、面と向かって「アホちゃうか?」と軽く言われても、落ち込む。反対に、「バカじゃないの?」と言われると、すごくバカにされていると言うのは関西の人。誰に言われるか、言い方などによっても違うと思うが、許容できるのは、女性が男性に言う少し甘えた「バカねェ〜」だけ?
「アホ」という言葉を仮に使ったが、「アホ」「バカ」どちらにしても、人に対して使う言葉ではないし、品が良いと言えないことだけは確かである。
 ところで、単純に「アホ」「賢い」と言って、頭に浮かぶイメージは人それぞれだと思う。先ほどの質問でいえば、「アホ」と言うのは「物事の道理がわかっていない人」で、対比させると、「賢い」というのは「物事の道理がわかっている人」というような意味である。
 セミナーなどで、時々、講師が、一番答えられそうにない人を指して質問する。案の定、答えられない。そこで次の話に展開するはず、なのだが、たまたま人選ミスで相手が答えてしまったら、慣れていない講師は、一瞬、口ごもってしまう。
 いつもいつも、知らないフリをする必要はないが、場合によっては「賢い(知識がある)」と人に思わせることより、場の雰囲気を読んで、知らないフリをする方が「賢い」こともある。相手が知られたくないと思っていることを知らないフリができるのも、優しさである。もちろん、関心がないから知らないフリをして関わらないというのとは違うし、後になって、「実は知っていたんだけど」などというのは野暮である。
 本当に「賢い」のは、物事や難しい言葉を知っている人でも、言葉を連ねる人でもない。知っていても、行動が伴っていなければ意味がないし、言葉を連ねるのは、それだけの数の言葉を使わなければ言い表せない、ということでもあるのだ。(反省)。アインシュタインの特殊相対性理論の式が美しいといわれるのは、最もシンプルだからだ、という話を聞いたことがある。
 ひとことで伝えられるようになること、それがベストである。心に響く賢人達の遺した言葉はシンプルでわかりやすい。極めた人は、そぎ落としてそぎ落として、シンプルな形をつくる。シンプルということは、言葉数だけ省略することでも、初めから何もしないことでもなく、たとえば、いろんなものを煮込んで手間暇かけて味が出る、見た目はシンプルな、料理のようなものなのである。
 しかし、そう考えると、「人生は短く、技芸は長い」といった医学の父・ヒポクラテスと、レベルは違うが、同じ思いがよぎるのである。

前 頁

次 頁

バックナンバー

サイトマップ

mail

法令に基づく場合などを除いて、個人情報をご本人の同意を得ることなく第三者に提供したり、開示したりすることは致しません。


copyright(c) SOMETHING ELSE Co.,Ltd. 2012 all right reserved  since2006