冬眠物質 HP

2007.1.20

「サイエンスZERO」(NHK教育)というテレビ番組で、「驚きの冬眠パワーに迫る」というテーマを見ていたら、先日、他の番組で一瞬映っただけで気になっていた「体温が低いと長生きできる」という見出しが、このことだったのかということがわかって、スッキリした。しかし、冬眠だったとは・・。その体温の低さは半端ではない、と思いながら、見ていくと・・・。

 2006年4月7日発行の「Cell」誌で、三菱化学生命科学研究所、近藤宣昭氏(主任研究員)をリーダーとするグループが、冬眠と寿命について発表した論文に注目が集まっているらしい。
 補足すると、1930年代から、様々なところで、哺乳類の冬眠をコントロールする体内因子の研究が始められるが、今回初めて、その候補因子が発見されたのだそうだ。
 約4000種類の哺乳類のうち、ツキノワグマから、シマリス、キクガシラコウモリなど183種類が冬眠することがわかっているそうで、霊長類ではキツネザルの一種も冬眠をする。
 近藤宣昭氏たちのグループは、医療への応用を目的に行なった冬眠研究(1992年〜2003年)の中で、気温が5℃になると必ず冬眠すると考えられていたシマリスには、冬眠するものと、しない種類がいることに着目。さらに研究した結果、冬眠するシマリスは最長で11年も生きたのに対して、冬眠しない種類は3年以内の寿命だということがわかった。ちなみに、冬眠するシマリスは、冬になっても気温を高いままに保つと、冬眠せずに動き回っていたが、やはり11年生きたそうだ。
 つまり、冬眠で休息しているから長生きなのではなく、冬眠している月日の分だけ長く生きるということでもないのだそうだ。
 最低気温が5℃くらいになると、シマリスの体内では、冬眠を促すHP(Hibernation Specific Protein=冬眠 特異的 タンパク質)という物質(複合体)が肝臓でつくられて、体内の血液中濃度では低くなる代わりに、血管を通って脳へ集められる。脳に集まると活性化し、脳から冬眠状態になるように指令が出されて、体を変化させる。
 ここがポイントで、実験で、冬眠させなかった(体温の低下がなかった)にも関わらず、シマリスの脳にはHPが集まっていた。つまり、環境に関わらず行なわれる、このサイクル(年周時計)が長生きにつながる要因なのだそうである。
 冬眠する時、シマリスは体表面温度が5℃くらいにまで下がる。コウモリやヤマネなども、周りの気温よりやや高いくらいの体表面温度になるそうだ。心拍数は10分の1くらいになり、余計なエネルギーを使わないしくみ(代謝低下)に体が変化するが、体を動かしていなくても筋肉は衰えないようになっている。このことから、冬眠には、体を若々しく保つ役割があり、HPは、そのスイッチを入れる役割をすると考えられている。
 ちなみに冬眠の状態と、凍死に至る状態は似ているらしい。そういえば、急激な体温低下で仮死状態になり、その後、生き返った人間がいるという話を聞いたことがある。もちろん、様々な条件が揃っていなければ、その後、本当に死に至ってしまうし、蘇生後は適切な処置が必要になる。
 実は、冬眠しないシマリスも体内にHPを持っている。そして、人間もHPに似た物質を体内に持っていることがわかっているらしいが、冬でもエサ(食べ物)が手に入るようになってエネルギー消費量を抑える必要もなくなったため、冬眠は必要なくなった代わりに、体内の様々な機能を眠らせてしまったのかもしれない。
 昆虫は、サナギや卵の形で冬眠(休眠)するものが多いそうだが、10カ月も、土の中で休眠するコガタルリハムシは、休眠中は、体に害を及ぼす微生物などから身を守る物質を体内で生産して防御力を高め、ヤママユが体内で生産する休眠を促す物質(休眠誘導物質)をガン細胞に加えると、ガンの細胞分裂が停止するそうである。(岩手大学 農学部農業生命科学科 鈴木幸一教授の研究による)いずれも動物実験の段階なので、人間に、どう作用するかは、今後の研究を待たなければいけないそうだが、医療などに活用できるかもしれないと考えるとワクワクする。



 人間には、便利な生活と引き替えに、必要なくなって退化した潜在能力がまだあると言われている。世界を見ると、マサイ族が動物などを識別する視力は7.0に相当すると言われているなど、生活に必要な、飛び抜けて高い能力を持っている人たちもいて、他にも、食事が土の中の栄養分だけという、それ以外は、都会に住む人間と変わらない生活をしている人もいるそうだ。
 たとえば、時々、年齢に比べて、信じられないほど若く見える人がいるが、実は、知らず知らずのうちに、睡眠中に冬眠状態になる能力を持っていて、他の人が機能を眠らせてしまった冬眠物質の様なものを出すことで、自然に若々しさを保っているのかもしれない。
 必要となれば、体はいろいろな奇跡を起こしてくれるという話はたくさんある。やはり、最後は、必要だという思い(執念)がポイント、なのかもしれない。

前 頁

  次 頁

バックナンバー

サイトマップ

mail

法令に基づく場合などを除いて、個人情報をご本人の同意を得ることなく第三者に提供したり、開示したりすることは致しません。

copyright(c) SOMETHING ELSE Co.,Ltd. 2012 all right reserved  since2006