サムシングエルス

サイトマップ

携帯TOP

パンタナール

沙漠

ボルネオ

flower

モノクローム

ニューオーリンズ

シンビジウム

野に遺賢在り
久保雅督

パンタナール
沙漠 オリオンとパオ
ボルネオ
moon
flower ROSE
monochrome
ニューオリンズ
佐々木正芳氏のシンビジウム
縞太二
野に遺賢在り

写真:久保雅督(c)

サムシングエルスの
仕事

おもいつくまま健康
WORD

パーソナル

知らずに日常使っている仏教のことば&photo

神楽坂さつきさんに聞く「魅力的な着もの姿の演出」

SOMETHING ELSE's room

コラム

写真日記

カメラを愉しむ

書籍

新聞

おきにいりのフレーズ

おもしろいもの
みつけた

link

 アンケート

QRコード

personal1













小助川憲光
(こすけがわ のりみつ)
「変わることが第一歩」
 人の数だけ人生がある。
 しかし、「私は今、幸せだ」と言い切れる人は少ないようだ。
 反面、自分の夢を現実にして幸せな人生を手に入れている人たちがいるのも事実であ「この差はどこから生まれるのか」を追求し、「どうすれば夢を現実にして、幸せな人生を創ることができるのか」を、自らの人生をかけて研究し、つかみとった法則を体験談も交えて楽しくわかりやすく語ることで、その気にさせてしまうのが小助川憲光さんの「モチベーション教育」。
 小助川さんは言う。
「同じ一生ならば、グチを言いながら生きるよりも、夢を現実にして、苦労をしても、思い通りの人生を過す方が当然、楽しいはずです」
 小助川さんの話を、聞いていると、
「そうか」「ああ、なるほど」「それなら私にもできる」
 いくつもの心に響くフレーズがあり、「なんだ、思っていたより簡単だ。よし、やるぞ」という想いが心の底から湧いてくるのである。
 小助川さんは、このモチベーション教育で、年間100本を超える研修をこなしている。
 クライアントは一流企業が多く、最近では大手銀行やホテルの研修も増えてきた。
 かつて銀行といえば、極端にいえば高い処から見下ろして仕事ができた特異な職種。しかし、今は時代に合わせた体質に変えていかなければ、ということで、若手社員のそうした研修を求めるようになったようなのだが、
「本当に研修を受けなければならないのは若手よりもむしろ、上役の人たちです」
 小助川さんはそう言ってから、
「何かを変えようという時には、根本から変えなければ、周辺から変えても変わらないのです」と付け加える。
 同じことは個人にも言えることで、テクニックやノウハウだけをプラスしても、核(考え方)との融合がなくては意味がないのである。
 小助川さんは研修の中で、
「自分の人生には、無限の可能性があると信じていますか」と問いかける。
 しかし、信じている人は少ないと言う。
「それで皆さん満足ですか」と訊くと、「満足していない」と。「それでは、どうしようと思いますか」
 さらに尋ねると「それがわからない」と言う答えが返ってくる。
 そこで小助川さんは、用意していた1枚のボードを取り出す。ボードには長方形の枠が書いてあり、その後ろに「る」という文字が書かれている。この枠の中に、自分の思う言葉を入れるというわけ。
 あなたなら、ここに、何と書くだろうか。
 これまで研修を受けた人のほぼ全員が「教わ」ると書くそうだ。
 これに対して、小助川さんは、
「受け身ですね。能動的に言ったらどうなりますか」と助言して、もう一度書いてもらうと、ほぼ全員が「変わ」ると書き込む。
 この答えを得たところで、
「学ぶということは変わることです。変化、成長。考え方が変わると、心構えが変わります。心構えが変わると態度が変わる。態度が変わると行動が変わる。行動が変わると習慣が変わる。習慣が変わると人格が変わる。人格が変わると人生が変わるのです」
 そう、たたみかけてから、
「だから、考え方というのはとても重要で、習慣化された考えを変えなければ、変化は望めないのです」と強調するのである。
 このモチベーション教育、最近は、幼稚園や小学校でも人気になっているらしい。(2006.2)
profile
中央大学理工学部卒業。渡米してモチベーションの研究をする傍ら、ユーザーフォローのための研修システムを構築、実践に活用し営業実積に大きな成果を得る。
現在は、ホテル・レストラン・外食産業・レジャー産業・旅行業界を始めとするサービス業界、大手企業から官庁関係に至る業界でモチベーション研修、コミュニケーション研修、営業研修、活性化研修等で、活躍中。
*ラテンバンド「トリオ・ロス・ケノス」では、ボーカル・サイドギターを担当。CDや公演活動も。

ひと紹介に戻る

法令に基づく場合などを除いて、個人情報をご本人の同意を得ることなく第三者に提供したり、開示したりすることは致しません。
写真・文章等の無断複製、転載、転用はご遠慮願います。

copyright(c) SOMETHING ELSE Co.,Ltd. 2012 all right reserved  since2006