「進化なのか退化なのかわからない」そういわれる現象がある。
人間も進化の過程に生まれたものだが、同じ動物たちの能力を見ていると、果たして「進化」なのかと疑問に思うこともある。
2本足で立ち、火や道具を使い、言葉を操って、様々なものをつくりだし、文明も生まれた。しかし、地球の歴史の中の、ほんのわずかの時間で、人間がやってきたことすべてが正しいことだけではなかった。
進化は正しいという意味ではない。人間の誕生は、偶然という必然。だとしたら、結末も偶然という必然。
高い知能を持つことは、同時に最も愚かなことを起こすこともできるという意味である。最も愚かなこと、それは自分たちの手で未来をとざすこと。進化という名のもとに。
2007.3.31
HOME
サイトマップ

copyright(c) SOMETHING ELSE Co.,Ltd. 2012 all right reserved  since2006