人に対しても、趣味のような事柄も、愛すると知りたくなる。知りたいと思ったときには、もう愛しているのかもしれない。
なぜ愛したのかといわれれば、知りたいと思ったから。だとしたら、知ろうとしなくなったのは・・・。
人間は、時々、思ってもいない言い訳をつくる。
相手の隠していることを暴いて知ることも「愛している」から。
知ろうとしなくなったのは、もっと「違う愛し方になった」から。 事実を知るのが怖いだけなのに、「信用している」から。
結果が出なくても研究対象に向かう研究者のように、長年、対象を愛することは難しい。
2007.4.30
HOME
サイトマップ

copyright(c) SOMETHING ELSE Co.,Ltd. 2012 all right reserved  since2006