たとえ、毎日、クロッキーを描き、そのうち描く技術を修得したとしても、それでも尚、何かが欠けている。どこか一箇所が近づいたとしても、その反対側はまるで離れていたりする。
そのことに気づく。
でも、描く物を奪われたわけではない。それゆえに描き続けるのかもしれない。
2009.9.22
HOME
サイトマップ

copyright(c) SOMETHING ELSE Co.,Ltd. 2012 all right reserved  since2006