サムシングエルス

サイトマップ

携帯TOP

パンタナール

沙漠

ボルネオ

flower

モノクローム

ニューオーリンズ

シンビジウム

野に遺賢在り
久保雅督

パンタナール
沙漠 オリオンとパオ
ボルネオ
moon
flower ROSE
monochrome
ニューオリンズ
佐々木正芳氏のシンビジウム
縞太二
野に遺賢在り

写真:久保雅督(c)

サムシングエルスの
仕事

おもいつくまま健康
WORD

パーソナル

知らずに日常使っている仏教のことば&photo

神楽坂さつきさんに聞く「魅力的な着もの姿の演出」

SOMETHING ELSE's room

コラム

写真日記

カメラを愉しむ

書籍

新聞

おきにいりのフレーズ

おもしろいもの
みつけた

link

 アンケート

QRコード

陰暦和風月名
月
陰暦和風月名
語源
睦 月 元月(げんげつ)、端月(たんげつ)、泰月(たいげつ)、陬月(むつき)、孟陬(もうすう)、孟春(もうしゅん)、孟陽(もうよう)、青陽(せいよう)、正陽(せいよう)、肇歳(ちょうさい)、大簇(たいそう)、月正(げっせい)、太郎月(たろうづき)、子春(ししゅん)、子日月(ねのひづき)、王春(おうしゅん)、新春(しんしゅん)、初月(しょげつ)、初陽(しょよう)、初春(しょしゅん)、初春月(はつはるづき)、初空月(はつそらづき)、嘉月(かげつ)、建寅月(けんいんげつ)、霞初月(かすみそめづき)、暮新月(くれしづき)、三微月(さんびづき)、眤月(むつき)、早緑月(さみどりづき) 1月 親類友人らが集まり仲睦まじくする「睦び月」。他に、稲の実を初めて水に浸すという意味の「実月(むつき)」や、元になる月という意味の「もとつき」が「むつき」に転じたとする説もある。
如 月 梅津早月(うめつさつき)、 梅津月(うめつづき)、 梅見月(うめみづき) 、木更着(きさらぎ)、初花月(はつはなづき)、 小草生月(おぐさおいづき)、 建卯月(けんぼうづき)、 大壮月(たいそうづき)、 雪消月(ゆきげづき)、 令月(れいげつ)、麗月(れいげつ)、仲春(ちゅうしゅん)、華朝(かちょう)、恵風(けいふう)、星鳥(せいちょう)、爽鐘(きょうしょう) 2月 寒いので「衣を更に着る=衣更着」が転じたもの。
また「来更来」で正月に来た春が更に春めいて来る、とも。
弥 生 称月(しょうづき)、夬月(かいげつ)、 花月(かげつ)、桜月(さくらづき)、 嘉月(かげつ)、 禊月(けつげつ)、蚕月(さんげつ)、 宿月(しゅくげつ)、 桃月(とうげつ)、桃禄(とうろく)、 早花咲月(さはなさきづき)、 早花月(さはなつき)、 花津月(はなつづき)、 花見月(はなみづき)、 建辰月(けんしんづき)、 春惜月(はるおしみづき)、 夢見月(ゆめみづき)、春章(しゅんしょう)、春抄(しゅんしょう)、晩春(ばんしゅん)、暮春(ぼしゅん)、暮陽(ぼよう)、五陽(ごよう)、季春(きしゅん)、華節(かせつ)、清明(せいめい)、穀雨(こくう)、竹秋(ちくしゅう) 3月 木草(きくさ)「弥生(いやおい)」(茂る)月。
「弥」はいよいよ。「生」は生い茂る。
卯 月 孟夏(もうか)、初夏(しょか)、首夏(しゅか)、立夏(りっか)、新夏(しんか)、卯花月(うのはなづき)、花残月(はなのこりづき)、木葉採月(このはとりづき)、夏初月(なつはづき)、清和月(せいわづき)、仲呂(ちゅうりょ)、陰月(いんげつ)、鳥月(ちょうげつ)、乏月(ぼうげつ)、余月(よげつ)、麦秋(ばくしゅう)、六陽(りくよう) 4月 卯の花(空木=うつぎ)が咲く月、4番目にあたる兎(卯)の月、稲の苗を植える「植月」、種が芽を出す「産み月」などから転じたという説がある。
皐 月 早月、早苗月(さなえづき)、稲苗月(いななえづき)、早稲月(さいねづき)、雨月(うげつ)、 鶉月(うずらづき)、 写月(しゃげつ)、啓月(けいげつ)、 啓明(けいめい)、 建午月(けんごげつ)、 授雲月(じゅうんづき)、 田草月、 多草月(たぐさづき)、 橘月(たちばなづき)、吹喜月(ふききづき・ふぶきづき)、 浴蘭月(よくらんづき)、星花(せいか)、長至(ちょうし)、仲夏(ちゅうか)、盛夏(せいか)、梅夏(ばいか)、梅天(ばいてん)、梅月(ばいげつ) 5月 早苗を植える「早苗月」が縮まったとされる。そこから神に捧げる稲(=さ)を植える月「さつき」とも。
水無月 水月(すいげつ)、風待月(かぜまちづき)、松風月(まつかぜづき)、建末月(けんびげつ)、鳴神月、鳴雷月(なるかみづき)、雷月、 晩月(ばんげつ)、 未月(びげつ)、 季月(きげつ)、伏月(ふくげつ)、 焦月(しょうげつ)、旦月(たんげつ)、遯月(とんげつ)、弥涼暮月(いすずくれづき)、涼暮月(すずくれづき)、季夏(きか)、長夏(ちょうか)、常夏(じょうか)、積夏(せきか)、炎陽(えんよう)、陽氷(ようひょう)、極暑(きょくしょ)、小暑(しょうしょ) 6月 田の作業は、みな、し尽くした「皆仕尽(みなしつき)」、あるいは「皆尽月(みなつきつき)が縮まって「みなづき」。
旧暦の6月は梅雨が明けているので、水が無い「水無し月」。
あるいは、「な」には「の」という意味があり、田に水を入れる「水の月」という意味など。
文 月 文披月(ふみひろげづき)、愛逢月(めであいづき)、七夕月(たなばたづき)、七夜月(ななよづき)、秋初月(あきそめづき)、秋染月、女郎花月(おみなえしづき)、建申月(けんしんげつ)、相月(そうげつ)、親月(しんげつ)、桐月(とうげつ)、否月(ひげつ)、蘭月(らんげつ)、涼月(りょうげつ)、初秋(しょしゅう)、孟秋(もうしゅう)、新秋(しんしゅう)、早秋(そうしゅう)、桐秋(とうしゅう)、蘭秋(らんしゅう) 7月 7月7日「七夕の日」に、牽牛と織姫に文を供える行事から。また、中国では、この日、本の虫干しをする風習があり、「文書開く月」が縮まったという説もある。しかし、七夕は奈良時代に中国から伝わったものなので、稲の穂が実る「穂含月(ほふみづき)」や「含月(ふくみづき)」が縮まったという説も。
葉 月 秋風月(あきかぜづき)、雁来月(かりきづき)、燕去月(つばめさりづき)、観月(かんげつ)、桂月(けいげつ)、壮月(そうげつ)、素月(そげつ)、月見月(つきみづき)、草津月(くさつづき)、建酉月 (けんゆうげつ)、木染月(こぞめづき)、紅染月(べにそめづき)、桂秋(けいしゅう)、仲秋(ちゅうしゅう)、秋半(しゅうはん)、迎寒(げいかん)、白露(はくろ)、豆雨(ずう) 8月 旧暦では、木々の葉が落ち始める時期なので「葉落月」。秋を知らせる雁が渡ってくるという意の「初来月」から「はつき(はづき)」に転化。他に、稲の穂が「発月(はりづき)」や、南から吹く台風「南風月(はえつき)」の転化とも。
長 月 玄月(げんげつ)、菊月(きくづき)、菊間月(きくまづき)、詠月(えいげつ)、剥月(はくげつ)、暮秋(ぼしゅう)、残秋(ざんしゅう)、晩秋(ばんしゅう)、高秋(こうしゅう)、粛霜(しゅくそう)、霜辰(そうしん)、無射(ぶえき)、授衣(じゅえ)、色取月(いろどりづき)、祝月(いわいづき)、小田刈月(おだかりづき)、 季秋(きしゅう)、 季商(きしょう)、 季白(きはく)、 朽月(きゅうげつ)、 九秋(きゅうしゅう)、建戌月(けんじゅつげつ)、青女月(せいじょづき)、竹酔月(ちくすいづき) 、寝覚月(ねざめづき)、 紅葉月(もみじづき) 9月 秋も深くなり、長い時間、月が見られるようになることから、「夜長月」の略。
神無月 神去月(かみさりづき)、 雷無月(かみなかりづき)、 建亥月(けんがいげつ)、 鏡祭月(ちんさいげつ) 、時雨月(しぐれづき)、 正陰月(せいいんづき)、 初霜月(はつしもづき)、 坤月(こんげつ)、 吉月(きつげつ)、大月(たいげつ)、陽月(ようげつ) 、良月(りょうげつ)、初冬(しょとう)、立冬(りっとう)、小春(こはる)、小陽春(しょうようしゅん) 10月 「神嘗月(かんなめづき)」「神祭月(かみまつりづき)」「神の月」。あるいは新酒を醸す「醸成月(かみなしづき)」。毎年、全国の神様が出雲大社に集まるので不在になってしまう月、という意味の「神無し月」。(出雲では「神在月」という)
他に、雷が鳴らなくなる月「雷なし月」もある。
霜 月 霜降月(しもふりづき)、 霜見月(しもみづき)、 露隠端月(つゆこもりのはづき) 、 神楽月 (かぐらづき)、神帰月(かみきづき)、 雪待月(ゆきまちづき)、 雪見月(ゆきみづき) 、建子月(けんしげつ)、 葭月(かげつ)、子月(しげつ)、 章月(しょうげつ)、 達月(たつげつ)、 暢月(ちょうげつ)、 復月(ふくげつ)、仲冬(ちゅうとう)、 盛冬(せいとう)、冬半(とうはん)、天正月(てんしょうづき)、 竜潜月(りゅうせんづき)、広寒(こうかん) 11月 霜が降る月。
師 走 厳月(げんげつ)、臘月(ろうげつ)、氷月(ひょうげつ)、除月(じょげつ)、弟月(おとづき・おとうづき)、極月(ごくげつ)、茶月(さげつ)、親子月(おやこづき)、建丑月(けんちゅうげつ) 、三冬月(さんとうづき)、年積月(としつむづき)、春待月(はるまちづき)、季冬(きとう)、暮冬(ぼとう)、晩冬(ばんとう)、窮冬(きゅうとう)、残冬(ざんとう)、黄冬(おうとう)、暮歳(ぼさい)、暮節(ぼせつ)、暮古月(くれこづき)、嘉平(かへい)、大呂(たいりょ)、窮紀(きゅうき)、月窮(げっきゅう)、四極(しきょく)、三余(さんよ) 12月 師がお経をあげるために、東西を走り回る月。「師馳す(しはす)」。
「年果つ(としはつ)」や、「四季の果てる月」という意味の「四極(しはつ)」、「一年の最後になし終える」という意味の「為果つ(しはつ)」が変化したものという説もある。

戻る

法令に基づく場合などを除いて、個人情報をご本人の同意を得ることなく第三者に提供したり、開示したりすることは致しません。
写真・文章等の無断複製、転載、転用はご遠慮願います。

copyright(c) SOMETHING ELSE Co.,Ltd. 2012 all right reserved  since2006